うちの子紹介

うちにはずっとデジカメもスキャナーもなかった為、
写真を撮るということを殆どやってなかったんです。

が!しかし!これからの私は違う。
注文しちゃったのよね。デジカメ。ほほ。

っツー事で今紹介出来る写真は5年前の写真しかないのですが
これから増えていくことでしょう。



我が家の長男坊、船長(♂ 1996年9月頃生まれ)
オパーリンコバルトバイオレット

新宿京王百貨店のますカゴの中で出会いました。
気が強く、ワガママ。管理人にベタベタなのだが
人物の記憶の限界が一週間強。
一度管理人が手術の為、10日ほど家を開けた時は
帰ってきたら「アンタ誰?」という顔で見られました。
関係修復に掛かった時間は一ヶ月(号泣)
2002年から代謝異常による肝臓疾患にて治療していました。
ダイエット成功〜リバウンドを繰り返しながら、11歳を生き、
2007/9/2入院先の病院にて永眠。

 

アイちゃん写真館へ

我が家の次男坊、アイアイサー(♂ 1997年3月頃生まれ)
オーストラリアパイドスカイブルー

渋谷西武百貨店のプラスチックケースの中で出会いました。
体型はズングリムックリ。オットリとしていて、お兄ちゃん大好きっ子。
管理人が船長と二人でお話していると必ず間に割ってはいる。
上にも書いた私の入院のときには、手術の当日に体調を崩し(げりぴー)
友人に病院に連れて行ってもらった。
管理人よりもお兄ちゃんの方が好きだとばっかり思っていたので
このシンクロニシティーにはちょっと驚きました。
2002年4月12日、そのう炎の診断により入院先の病院にて永眠。
(詳しくは、つれづれをご覧下さい)

 

我が家の三男坊、ヨーソロー(♂ 2002年11月頃生まれ)
白ハルクイン

2002年11月16日、近所のコジマのプラスチックケースの中で出会いました。
パッと見た瞬間から「男の子!」 とわかるピンクのお鼻。
白い羽、小さなボディーに運命を感じ、購入。

買ってすぐ病院に行って、真菌が見つかった子でしたが
発見が早かったためか、一週間で完治。
一人暮らしで仕事に行かなければならなかったので
2週間ほど、知り合いのリルカさんに乳母になってもらいました。
最初は、センちゃんと仲良く出来ず、ハラハラしたものですが
最近は一緒に放鳥出来るようになりました。
まだまだ若い、元気一杯の子です。
2012年10月中旬餌を食べなくなり、10/24入院。
1ヶ月半の入院治療の後、12/13日早朝、センちゃんと同じ病院にて永眠。

我が家の四男坊、スイッチ(♂ 2012年11月上旬・静岡生まれ)
スパングルグレー

2012年12月13日、よーちゃんが逝った日の病院からの道に、近所のコジマのプラスチックケースの中で出会いました。
よーちゃんが逝ってしまった日、私は16年ぶりにインコのいない生活になるはずでした。
しかし、友達の「次の子はよーちゃんに選んでもらって、
その子と二人でよーちゃんをお見送りすればいいんじゃない?」の言葉に動かされお迎えすることに。
初の健康診断では、菌などは見つからなかったものの、消化不良であるとのこと。
そして育児から遠ざかっていた10年の間に、ヒナのパウダーフードのトレンドは、
フォーミュラー3からケイティに変わっていました。。。
色々知らなかった世界だよ、ママン!
センちゃんと一緒に暮らすことを知らない初の子ですので、名前は船舶関係とは関係なく、スイッチに決めました
この先もすくすく育ってくれますよう。